七五三詣のご案内

753
七五三詣は予約なしで、お日にちに関係なく、どんなご衣装、服装でもご自由にお越しいただけます。プロカメラマンによる神社での記念写真も個別に予約できます。詳しくは社務所へお問い合わせください。七五三詣についてはこちらから

お問い合わせフォームはこちら

お問い合わせ 鵠沼伏見稲荷神社TEL0466-36-5803

式典写真協会の七五三セットのご案内

753moude_b


2015_753yoyaku式典写真協会のホームページはこちらから
お問い合わせは直接社務所または TEL:0466-36-5803

七五三詣

753-1七五三詣とは、十一月十五日に、三才の男女児、五才の男児、七才の女児が晴れ着を着て、家族で神社にお参りし、子供の成長と無事を神様に感謝し、今後の無事を祈ります。この頃の年齢の子どもに年祝いに由来する昔からの風習です。七五三詣は、昔は数(かぞ)え年で行いましたが、現在は満年齢で行うところが多いようです。

三才の「髪置(かみおき)」、五才の「袴着(はかまぎ)」、七才の「帯解(おびとき)」の御祝いが代表的なものです。「髪置」とはこの日を境に髪を伸ばし始めた男女共に行われた儀式です。 男児は「袴着」で袴を初めて着け、女児は付け紐で着ていた着物から帯でしめる「帯解」へと変わります。七五三を終えて、晴れて一人前として扱われることになります。

 

平成27年度の七五三詣は数え年で、 3歳男女(平成25年生まれ) 「髪置」の祝い 5歳男児(平成23年生まれ) 「袴着」の祝い 7歳女児(平成21年生まれ)「帯解」の祝いでございます。 満年齢での七五三詣も承ります。